INTERVEW

10年後の人生を描きながら歩み続ける

先輩インタビュー
システム企画部門マングロー部所属(制御情報工学科卒)
2016年新卒入社 岩手県出身

第1志望は、首都圏勤務のインフラ系だった

就職活動を始めたとき、第一志望では首都圏エリアのインフラ系(サーバ管理)の会社を希望していましたが、会社をいろいろ見ていた際、学校の研究室や就職担当の先生から「アイフォーコムという会社があるよ」と教えて頂きました。

そのときには他にも何社か候補はありましたが、アイフォーコムは環境、医療・ヘルスケアからIoTまで、幅広い分野でサービス展開していましたので、自分でホームページや就職案内の内容をみて、「ここなら自分のやりたいことが見つかるかも!」と思い、最終的に推薦での応募を決めました。

また、岩手県出身の私にとって、アイフォーコムは東北にも拠点があったことも、応募を決めたポイントです。

実際、採用試験にエントリーしたあとは、試験と面接あわせて1回のタイミングで選考が終わったので、割とあっさり「採用内定」が取れました。(笑)

新幹線で実家にはいつでも帰れます

学生気分からの意識の切り替えが大事

4月の入社後、まずは3ヵ月間の新人研修が始まったのですが、入社前に思っていたほど、技術的な内容では無く、マナーや社会人としての心得的な内容が中心でした。技術研修もありましたが、単に「プログラミングを学ぶ」ということではなく、作業チームとしてお客様の課題をどう解決し提案をするか。という内容です。自由度が高い分、日々の研修のなかで自分たちで考えることが大変でした。。。

実際、社会人として普段の仕事の場でも、ただ「分かりません。教えて下さい」では、誰からもアドバイスは頂けないですよね、、、(苦笑)
まずは自分たちで提案を用意して質問をすると、アドバイスを得やすいことなど研修のなかで実際に体験して学ぶことができたので、新人研修が終わり、初めて配属された職場内でも、日々の仕事を進めていく面で、研修で体験したことが役に立ちました。(ホント、研修中の苦労に比べたら、、、という感じ)
なので、ここでも割とあっさり、開発チームの一員として成果を出すことができました。(笑)

もし、技術面で分からないところがあっても、先輩社員が親切に教えてくれるので、心配ありませんよ。わたしも、教える側として親切丁寧に教えますので!

仕事の進め方を、新人研修では学びました

「マングロー部」で描く10年後

現在は、システム開発を行いながら、社内研修の企画や外部研修に参加して、自ら成長するための人材育成を推進する「マングロー部(※1)」に所属しています。

エンジニアとして仕事を始めて感じたことは、特にこれから先の将来は技術面だけでなく「会話力」が大事だなぁということです。同じ部署の30代の先輩と同行する機会があるのですが、そのときのお客様と打ち合わせしている様子(商談・交渉力)がスゴイなと。。。ぜひ見習いたい。

いろいろな業種や、年齢層のお客様と話をするので、専門用語での会話ももちろん大事ですが、相手に伝わり易い言葉を選んで、分かるように説明するのは、すごい難しいことだなぁと。また、相手の象徴的な言葉を、具体的にシステムの内部処理として開発に落とし込んでいくのも、会話力が無いとホント難しいと思います。そのようなことが出来ないと、自分も成長できない。。。

将来、「プロジェクトリーダー」として活躍できるような「会話力」を身に着けたいです。 わたしも学生時代は飲食店でアルバイトをしていましたが、普段の仲間以外の人と話をする場というのは、非常に大切だと思いますよ。

あと、「基本情報処理技術者試験」は学生のときに取得していて大変役に立ちました。 開発の仕事では、ソフト・ハード・ネットワークなど様々な技術分野が関係していますので「まったく知らない」というよりも、資格を取るときに「あっ!この部分は試験で勉強したな」という部分があるだけで、打ち合わせの場などで、説明を受けた際の理解度にも違いが出てくると思います。

いま現在、自分の希望通りの開発内容の仕事が出来ているので充実した日々ですが、将来は、商品企画や開発のみならず、商品をプレゼンする側(提案・説明のための資料作成やデザインを担当)としても活躍したいです。

将来はプロジェクトのリーダーに

※1 「マングロー部」Man:人+Grow:育つ/成⻑する
2018年12月
先輩インタビュー一覧へ